ゼニカルの正しい使用の仕方や、より効果が期待できる飲み方や使用上の注意点などをわかりやすく皆様に解説していきたいと考えていますのでお付き合いよろしくお願いします。

ゼニカル使用講座

なかなか痩せないリンゴ型肥満の人はゼニカルを

太っている人の中でも、脂肪が付いている部位によってリンゴ型肥満と洋ナシ型肥満に分けられることをご存知でしょうか。
リンゴ型肥満は上半身からおなかにかけて脂肪が付くタイプで、内臓脂肪型肥満とも呼ばれます。
それに対して洋ナシ型肥満は下腹部から太もも、腰の周りやお尻の皮下に脂肪が付くタイプで、皮下脂肪型肥満とも言います。
このふたつのタイプの内、リンゴ型肥満の方が、内臓脂肪が蓄積されすぎると動脈硬化などを引き起こす原因になるので問題だと言われています。
そこで、内臓脂肪を減らすためにウォーキングなどの有酸素運動でダイエットをするのがおすすめですが、運動が苦手で食べるのが好きな人などではなかなか痩せないどころか、時が経つにつれてますます脂肪が増えて太っていってしまうという場合もあります。
健康のために痩せたいが、食事の量を減らすのも運動をするのも難しくて痩せないという悩みがあるなら、肥満外来や美容クリニックでゼニカルなどの薬を使ってメディカルダイエットをするのはいかがでしょう。
ゼニカルは脂っこい食事を好んでよく食べる人におすすめの肥満治療薬で、食事の前にこの薬を飲んでおくと、食事に含まれる脂肪分の一部が体内に吸収されずに、便と一緒に排出され、摂取カロリーが減らせるという効果を持っています。
そのため、食事の内容を変えずに摂取カロリーの量を減らしてダイエットをしたい人に向いている薬と言えます。
しかし、ゼニカルはすでに付いてしまっている内臓脂肪を取り除く効果はありませんので、リンゴ型肥満になってしまっている人はゼニカルを使ってこれ以上太らないようにコントロールしながら、出来るだけウォーキングやエアロバイクなどで運動をして内臓脂肪を減らしていくのが良いでしょう。

TOPへ戻る